忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パルシュキを作ることになった。:焼きいれ編

引き続き パルシュキです。
ついパルキシュと打ち間違えます。

自家製で作った白チーズは前回の日記にて。
今度はこれを使って実際にパルキシュを作ります。


材料はそう多くないしいっぺんに混ぜていくだけなのでかんたん
とりあえず粉物とクリーム系は別にしてみました。
グラムじゃなくさじでの分量って久しぶりな気がしますわ、
小さじってどれだっけ?とか悩んでしまった。

忘れないように自分メモ
大さじ 15cc 
小さじ 5cc
一番小さいのは便利スプーン 2.5cc
計量スプーンはいつもほかに人に確かめてしまいます。

で、計ったものをボールに入れてとりあえず混ぜる
最初はべたべた。
でも最後にはまとま・・・・・


20分混ぜてもまとまりませんでした。

やはり水切りが足りなかったのか
それとも粉っけがなくなればそこでいいのか?
しかしそんな瞬間はなかった。
そして心なしかほかの方が作るやつと色も違う気がする。
いいのかいいのか? だめでももう作ってるしな。


混ぜ続けて小麦粉がいい感じにグルテン形成したのか
そこそこは硬くなったのでとりあえずこれで休ませることにする
疲れたし。


二等分にして平たくして冷蔵庫へ2時間ほど休ませました。
その間にお風呂はいったり借りてきた本読んだり。
10年後の雲雀は髪形がかわいいな。

生地を休ませた後、伸ばす作業があるので準備

伸ばすときも溶けてべたつくというのでマーブル台出場
超重い、市販のではなく石屋さんに端切れでもらったやつなので物はいいはず。
とある晴海にあるビルの一部と同じものです(マジで)



で、冷蔵庫から取り出した生地を棒状に切り出してそのまま伸ばします。
伸ばす作業があるなら平たく固まらして短冊状に切り出すと楽、
短冊の太さで一本の分量もそろえられますしねー
まぁこのまま焼いてしまってもかまわないんだろうけど

さーころりっと  ネバイ。
元からやわらかいのもありますが、噂どおりに粘つきます。
水をつけるとやり易いとあったのでスプレー待機させておきましたが
しょっぱなから出動です。 でも確かにやりやすい。
台を少しぬらして転がすとすんなり伸びるので、
最初は戸惑いましたが後はすんなり出来ました。


鉄板に並べた状態
ねばっ付いていたのがよくわかる。

全部伸ばしたら、後はオーブンで焼くだけです。
すぐに色つきそうだから怖いなぁ



オーブンのガラスが汚れている・・・。

ちょっと目を離したときに色が一気に付き、
レシピにあった時間より結構早く出しました。
確かにマーガリンなどの乳製品ですからね
焦げ付く要因の塊です。あまり時間だけに頼らないほうがいいのかも。


色つきが思いのほか早かったので焦ってしまい
焼きあがった鉄板をとるのを忘れてしまいました。
後の祭り鉄板を撮影

しかし作業中はずーっとクミンのにおいが漂って
焼いたオーブンもクミンくさい。
でもこの匂いは一日経てば消えたので心配は要らないと思います。

一回の分量で結構な量が出来ました、
冷ましてから早速頂きましたでございます。

塩加減がスナックみたいでいい感じ、
食感もサクサクしていて軽い、クミンもいやじゃなく効いています。
あの酸っぱさもちゃんと漂うし。

素直においしいです、ちょっと癖になる感じ。

これが正しい味なのかもわかりませんけども私は好きだなぁ
また作ろうと思える味です、家族にも好評でした。



以上、パルシュキを作ってみたレポでした。


ちなみに 
残った白チーズは後日親のリクエストでレアチーズケーキになりました。


一日でパンとケーキ作らす親が憎い。
その山盛りのパンはあれか?明日婦人会で配るのか?そうなのか?
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

ブログ内検索

カウンター